『れきナビ』講座:クイズ 八潮市立資料館常設展示

提供:『れきナビ―やしお歴史事典』
移動: 案内, 検索

 八潮市立資料館常設展示の展示資料(一部)に関する問題です。
 注意 問2~5の問題文には問1の解答に関わる文言が含まれ、問7~11の問題文には問6の解答に関わる文言が含まれています。

※画像について、拡大表示したい場合や出典を確認したい場合は、画像をクリックしてください。


目次

古文書以外の展示資料

問1

問題

  • 写真1~12は、展示資料の写真です。それぞれに該当する資料名は? 下記の(1)~(12)から選んでください。

 注意 画像をクリックすると表示されるページには、資料名が記載されています


 (1)板碑
 (2)古代の生活復元模型
 (3)資料館の真下から採取したボーリングサンプル
 (4)注染〔ちゅうせん〕道具
 (5)注染浴衣
 (6)伝馬船(模型)
 (7)長板中型の工程
 (8)長板中型浴衣
 (9)中川低地の模型
 (10)八條遺跡から出土した刀ほか
 (11)八條遺跡から出土した土器ほか
 (12)柳之宮遺跡出土竪杵〔たてぎね〕
 

ヒント

  • (3)「ボーリング」は、地質調査などを目的として地中に細く深い穴を掘ることです。
  • 写真9は写真7の製品、写真11は写真10の製品です。


解答
 写真1=(9)中川低地の模型
 写真2=(3)資料館の真下から採取したボーリングサンプル
 写真3=(2)古代の生活復元模型
 写真4=(12)柳之宮遺跡出土竪杵
 写真5=(11)八條遺跡から出土した土器ほか ※八潮市指定有形文化財「八條遺跡出土品」です(一部除く)。
 写真6=(10)八條遺跡から出土した刀ほか
 写真7=(1)板碑
 写真8=(7)長板中型の工程 ※長板中型は、埼玉県指定無形文化財です。
 写真9=(8)長板中型浴衣
 写真10=(4)注染道具
 写真11=(5)注染浴衣
 写真12=(6)伝馬船(模型)

問2~5

問題

  • 問2 写真4の竪杵の全長は、次のうちどれでしょうか?

 (1)約80cm (2)約1.2m (3)約1.6m

  • 問3 写真5の土器が出土した八條遺跡の住居跡の時代は、次のうちどれでしょうか?

 (1)奈良時代 (2)平安時代 (3)鎌倉時代

  • 問4 写真7の板碑に刻まれている記号のようにみえる文字は、「梵字〔ぼんじ〕」です。梵字が表現しているのは、次のうちどれでしょうか?

 (1)神 (2)仏 (3)家

  • 問5 写真8に関する問題です。八潮で染色業が始まった時代は、次のうちどれでしょうか?

 (1)近世(江戸時代) (2)明治時代 (3)大正時代

  • 問6 写真12に関する問題です。江戸・東京から八潮に船で運ばれた物は、次のうちどれでしょうか?

 (1)下肥 (2)米 (3)野菜


ヒント

  • 問4 梵字は、インドの文字です。


解答

  • 問2 (2)約1.2m
  • 問3 (2)平安時代
  • 問4 (2)仏
  • 問5 (1)近世(江戸時代)
  • 問6 (1)下肥

古文書

問6

問題

  • 写真13~16は、展示資料の古文書(一部)の写真です。それぞれに該当する資料名は? 下記の(1)~(4)から選んでください。

 注意 画像をクリックすると表示されるページには、資料名が記載されています

 (1)大山参詣につき番所通行手形
 (2)上馬場村検地帳
 (3)中馬場村年貢割付状(伊奈備前守忠次〔いなびぜんのかみただつぐ〕)
 (4)川船掛御定法・願訴上げ控


ヒント
 (1)大山参詣につき番所通行手形は、末尾(写真の左端)に「御番所御役人衆中様」と書かれています。
 写真15は、写真12と関連します。
 写真13は参考写真1、写真14は参考写真2に関連します。


解答
 写真13=(3)中馬場村年貢割付状(伊奈備前守忠次)
 写真14=(2)上馬場村検地帳 ※八潮市指定有形文化財「慶長年間の検地水帳」です。
 写真15=(4)川船掛御定法・願訴上げ控
 写真16=(1)大山参詣につき番所通行手形

問7~11

問題

  • 問7 写真13は、慶長8年(1603年)の年貢割付状です。この年の出来事は、次のうちどれでしょうか?

 (1)徳川家康の関東入国(後北条氏滅亡) (2)関ヶ原の合戦 (3)江戸幕府創設(徳川家康征夷大将軍就任)

  • 問8 写真13の「中はんは」は中馬場村ですが、近世の八潮市域にあった村の数は、次のうちどれでしょうか?

 (1)10か村 (2)20か村 (3)30か村

  • 問9 写真14は、慶長17年(1612年)の検地帳です。検地帳は、田畑屋敷の一筆(一区画)ごとに、一般的には下記の(1)~(6)が記載されます。写真14の場合は、記載されていない事項があります。どれでしょうか?

 (1)所在地名(小字) (2)地目と等級(上田など) (3)土地の縦と横の長さ (4)面積 (5)石高 (6)名請人〔なうけにん〕(土地の所持者)

  • 問10 写真16は、元治元年(1864年)の文書で、大山参詣のために番所を通る許可を求めるものです。参詣するのは大曽根村の人ですが、人数は何人でしょうか?
  • 問11 写真16には、「森川肥後守〔ひごのかみ〕知行所」と書かれています。森川肥後守は、次のうちどれに該当するでしょうか?

 (1)大名 (2)旗本 (3)代官


ヒント
古文書の翻刻(PDF)


解答

  • 問7 (3)江戸幕府創設(徳川家康征夷大将軍就任)
※(1)徳川家康の関東入国(後北条氏滅亡)は天正18年(1590年)、(2)関ヶ原の合戦は慶長5年(1600年)。
  • 問8 (2)20か村
  • 問9 (5)石高
  • 問10 10人
  • 問11 (2)旗本

参考 資料館ホームページの常設展示案内

 資料館ホームページ(八潮市ホームページ内)の「常設展示」はこちら

関連項目

☆このページの令和2年(2020年)2月20日版(初版)はこちら
個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
ツールボックス